≡ まめの戯言 ≡

日常の他愛もない戯言です。
しかもほぼ過去日記です(笑)
ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
twitter
ネコ温度計
メールフォーム
.
LINKS
PROFILE
OTHERS


08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< 珍しくハイテンション | main | 最新ファッション? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
おめでとう♪


うりすけちゃん、7才のお誕生日を迎えました♪
相変わらず仔犬っぽさが抜けないけど(笑)
年齢的にはシニア層へと歩み寄ってます。
なので、お誕生日前に心臓の検診に行ってきました。


ダイちょんが扉の向こうへ連れられ心配そうに眺めてました。

まずはダイから・・・
心音を聴診しても雑音は聞き取れないものの、
エコーの結果、僧房弁からの逆流は
10回のうち0.5あるかないかの割合の逆流で極軽度なので心配なし。
キャバリアでは心臓の左心室の僧房弁閉鎖不全が多いと言われてますが
ダイの場合、どちらかというと
右心室の三尖弁からの逆流の方が多く(10のうち1の割合で軽度)
レントゲンで見ると中心より右側に心臓が寄ってます。
血液検査の結果も異常なく、いずれにせよ極軽度、軽度なので問題なし。
11歳を目前に控え、キャバリアで11歳という年齢を考えると
この程度の状態でいれるのは優秀な心臓だと太鼓判を頂きましたv
と言っても、老化による衰えは出てくると思いますが(苦笑)


うりもあんなこと、こんなことされるのに。。。

続いてウリは・・・
聴診でもわずかに雑音はあり。
エコーの結果、僧房弁からの逆流は10のうち1。軽度の逆流。
4年前からすでに僧房弁の変形は見られてますが、
その頃からあまり変化はなく、進行もしていないので投薬もなし。
ウリは今後も要経過観察ですが、とりあえずは大丈夫という事でした。

大瓜ともだいたい同じ体重で、同じ大きさで同じ犬種。
レントゲンを並べて見るとなかなか面白いです。
ダイの心臓は右寄りで、ウリの心臓は左寄りに
骨はウリの方がしっかり太いけど、背中〜お腹の幅はダイの方が広い。
などなど、比べて見ると楽しいですね〜♪なんて先生と話してました(笑)

心臓についてはどっちもとりあえずは問題なしだったけど
どっちも症状はでてないけど同じ辺りにヘルニアの気が見られました。
こんなところまで似なくていいんだけど・・・
心臓より、こっちの方を気にかけていく方がいいとの事でした。

大瓜とも、今年も元気に過ごせる為の健康診断でした。

お祝いは今年もまた後日、ダイちょんと一緒にすることに♪

おめでとう。うりすけちゃん。


病院でもらったピンをつけてみました(●´ω`●)ゞエヘヘ
| わんこ | comments(0) | - | ・・ 主な登場人物 ・・ |
スポンサーサイト
| - | - | - | スポンサードリンク |